自分で簡単に出来るガラスコーティングの施工方法

Pocket

コーティング施工法ですが、一般的に手塗りコーティングとスプレータイプコーティング2種類があります。両者には長所と短所があります。コーティング剤をスポンジに付着させ塗装面に塗り込むタイプの施工が手塗りコーティングとなります。この作業のメリットは仕上げの拭き上げをしっかりやれば、ガラス濃度が濃いままのコーティングが可能で、ガラス被膜の膜厚をしっかり確保できます。そして耐久性や輝きも増してきます。そして、ボディコーティング以外の施工も可能となります。樹脂など未塗装部へコーティングすることで、樹脂パーツなどの劣化を長期間、防げたりします。そしてしっとり白くなった樹脂パーツに対して、手塗りコーティングすると、見事黒く復活するのです。

スプレータイプのボディコーティング

そして、スプレータイプのコーティングをするメリットですが、より細かいところへ均一なコーティングができて、デメリットはガラス成分の濃度が濃ければスプレーガンの噴射時に吹き出し口で詰まりやすくなって、ガラス濃度低くする必要性が出てきます。そして、ガラス被膜の膜厚を確保しにくく、コーティングの被膜暑さ確保のためスプレーコーティングはデメリットが多いのです。

ボディチェックですが、はじめに塗装の質や傷の助教をチェックします。そして車種や劣化などにより塗装面がそれぞれ異なって、各部入念チェックします。そしてボディ全体を洗浄して、ホイールやタイヤハウスについたブレーキダスト、鉄粉など頑固なものは各種専用ケミカルを使い分け念入り洗浄をしていきます。そして、新車も目に見えない汚れなどがすでに蓄積して、塗装の中にしみこんでいて、それら磨き作業で除去できない汚れ完全除去するのがクレンジング工程の目的になります。

また鉄粉は目で見えない微細な鉄で表面に残ったままだと新たなっ傷の原因となり、専用ケミカルを利用してボディについてる鉄粉除去をしていきます。更に粘土クリーナーを利用して細かいところについた鉄粉まで丁寧に除去します。また専用シャンプーを利用してボディに残ったケミカルなどを完全に洗い流していきます。

そしてエアガンで細かいところにのこってる水分完全に飛ばしていって水滴はポリッシュの敵で、グリル、開口部など隙間のこってるわずかな水滴もすべて吹き飛ばしていきます。ボディの樹脂部、パネルエッジなど完全にマスキングで、ポリッシュ時に出るコンパウンドの粉はいらないようドアの隙間などテープ張りましょう。コーティングと踏まえの専用溶剤による脱脂工程ですが、塗装面とコーティング剤引き合う環境作り出すのがこの作業。作業はパネルごと脱脂剤をしみ込ませたクロスが塗装面に対し引っかかりないかはじいてないかチェックしてゆっくり新著に勧められます。

そして、コーティング塗布工程ですが、ベースコートをパネルごと塗布していって、そのまま定着させるのに30分程度時間置きます。そして上にトップコート塗布することで密着強度増してきます。セッティングは25度前後でベースになるコーティングをパネルごと塗布。そのまま30分おいて、その上にトップコーティング塗布して、化学変化でコーティング剤同士反応結合して、密着促進させるのです。

そしてガラスコーティングするときにですが、屋外でやるときは直射日光が当たるところなどを避けてください。そして、シャンプーか、台所用中性洗剤を使って洗車してボディの汚れをしっかり落とし洗車後水軽くふき取っていきましょう。そして、粘土掛けはボディについた鉄粉、異物除去でやりますが、新車かてでさわってざらつきなければ省略してもいいでしょう。また、粘土は平たくし4本指の付け根で持つようにして水をスプレーなどでかけて40センチ四方程度を縦横にこすって行き、その後手のひらでざらつきないかチェックしてクロスで水分を取って言います。

この時は水切らさないように滑らすようにしてみて、水ない状況でこすってみればボディにこすり傷つけてしまいますから、濃色車は注意です。そして粘土は2~3面こすったら汚れた面中に織り込み出来るだけきれいな面でこすっていきます。粘土でボディ全体のざらつき取れば次はボディの小傷、汚れを取っていきます。そして、超微粒子コンパウンドを使っていき、これは種類多ければ多種多様な傷に対応できて、何種かそろえておきましょう。そして、手磨き用スポンジにコンパウンドつけて磨いていって、1回使用量はティースプーン半分ぐらいです。手のひら全体に気につに知から入るようワックス塗るときの2倍ぐらいの力でこすっていって、1回に磨く範囲は40~50センチ仕様を目安で縦横こすっていきます。

この時ワックスみたいに円かくのはムラでやすくなります。そしてあまり傷落ちないようならさらに目の粗いコンパウンドを使って傷取っていきますが、手作業で除去は限度があります。そして、傷落ちないからといって一部を集中的に強くこすってしまえば、濃色車はその部分が白くぼけてしまうでしょう。スポンジが利用できなような細かいところはクロスを使用します。コンパウンドで磨いたラクロスでふき取っていきます。そして、コンパウンドの作業後脱脂剤でボディ全体吹きコンパウンドの油脂分除去していって、ふき取りは乾いたウエス利用してパネルごとにします。そしてこの時濃色車系は白く跡残ることがあって、その時は水で固く絞ったクロスでふきましょう。

そして脱脂して白くなってすぐ拭き取らなくては後からだと大変です。また、普段から車手入れしてれば簡単にできます。程度によっては手作業ではどうにもならないこともあったりします。また、ボディに水分が完全にない状況にしましょう。コーティング剤の塗りこみに使うクロスを手収まるぐらいまでたたみ、一度つける量は3~4滴ぐらいですが、はじめだけはクロスになじませるため大目につけてみます。

そして、クロスにつけたコーティング剤は1回につき40~50センチ仕様ぐらいを目安に塗っていき、パネルごとの純になるべく薄く塗り伸ばしていきます。そして窓、無塗装バンパーなどについたらすぐ拭き取りましょう。あらかじめマスキングしておいていいです。コーティング剤塗れば一定時間乾燥させて超極細線維のマイクロファイバークロスを使ってパネルごとの純に吹き上げていきます。ガラス系のコーティング剤はワックスと違って、とても伸びて初めて塗る時大目に塗る傾向ありますが、一度にたくさん塗っても効果かわらないので、その後吹き上げるため無駄になります。コーティング剤は透明にしかくて濃色車はボディが濡れるので塗布したところがわかるのですが、単色系、白などほとんどわからないので、斜めから見る世にして塗り、むらないように注意しましょう。

そして、ボディーコーティング剤により施工法は異なることがあり取扱説明書に従いましょう。ガラス系コーティング剤は硬化したら除去は大変ですから、吹き上げタイミングはかっコーティング剤の施工法に従いましょう。またコーティングは一度塗ると長時間効果持って、手入れも最低限の洗車で済むのがメリットですが、そのために正しい方法がとても大事なのです。またガラスコーティングはじめコーティングは化学反応を使って強固な被膜形成し、正しく丁寧な作業をしなくてはコーティング効果思ったように出ないです。

また素人がdiyでコーティングをしても効果わからないといったことはよくあります。コーティングは車ボディ塗膜に下地作って、そこに溶剤を塗布していきます。実際コーティングは大事で、この下地作りは仕上げ作業よりここがプロ、アマの分岐となるのです。実際簡単なコーティング施すのと、丁寧に下地づくりしてコーティングでは、持続期間が何倍も違います。そして、どうしてコーティング施工で、下地作りがそれほど大事なのかですが、不純なものが一切ない状況と水滴まばらに残ってる状況だとコーティング剤の定着度に雲泥の差が出るのはわかるはず。

化粧するときもしっかり洗顔して化粧水など浸ける必要がありますが、車ボディも似たようなことあるのです。また具体的コーティング作用の説明ですが、これら工程は新車でも省けなくて、新車ボディ表面は必ずしも鏡面ではありません。

そして、新車時こそコーティング硬化時間できる最高の状態であることを覚えておいてください。また、車にシャンプーをかけますが、この時に利用するものは一般的なものでいいですが、確実に汚れとるには水垢とり系のものがいいです。そして塗装に刺さったシャンプー、洗車で落ちない鉄粉を取って、粘土を使って細かい傷や表面の荒れをならしていきます。

待機中に工場、排ガスなど含まれていて、この鉄粉がボディについていて、これは塗装を荒らす原因となり放置すれば錆を起こしてしまって、しっかりとっていきましょう。そして、カーシャンプーでボディキレイになって固い鉄粉取れば、塗膜面のコンパウンドがけに入りますが、これはディーラー、ガソリンスタンドにつとめるプロがパフ利用して機械で磨くようなことイメージするかもしれません。そして、プロもこの作業は慎重で、コンパウンドでとる必要があるのは2,3ミクロンほどの傷であり、これを約1ミクロンの粒子のコンパウンドを使って消していきます。

そして、コンパウンドでボディ研磨するとき、漫然とスポンジ動かしたりしないように注意しましょう。こうしたことをすれば磨き傷がボディに入って後の処理大変です。プロはコンパウンドかけるとき碁盤に目を書くよう細かく縦横動かしてくのです。コンパウンドの粒子が表面の凸凹に入って、慣れてくイメージでかけて動かすのがプロの技です。ボディにざらつきあれば磨き足りない証拠であり、そうした箇所あるときはサイドコンパウンドとかけましょう。DIYガラスコーティング剤を利用して施工方法を実践していきましょう。