新車のコーティングをするなら専門店かカーディーラーどちらが良いのか?

Pocket

せっかく新車を購入するのであれば購入した時点のピカピカの光沢を保った状態をキープしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
そのような希望を持っている方にとって大きな味方となるのがコーティングですが、お店によってその効果や費用などの多くの面において差があることを注意したうえで選択することが重要です。

【ディーラーのメリットとデメリット】

コーティングを施行する候補先としてまず多くの方が思い浮かべるのがディーラーではないでしょうか。
ディーラーの場合のメリットとしてまず挙げられるのが、費用を安く済ませられる可能性が高いということです。
通常のコーティングを実施するとなると多くの場合、数万円から十万円を超えることもありますが、新車を購入した場合にはサービスとして価格も比較的低料金で施行してもらえる場合も多いです。
したがって、コストパフォーマンスの点においては大きなメリットがあるといえるでしょう。加えて、ディーラーは販売する車についてのノウハウが蓄積されていますし、そのノウハウはコーティングにおいても同様ですので安定した仕上がりを期待できるでしょう。
一方でデメリットとして挙げられるのが、コーティングの方法のパターンが比較的限定されていることです。

【専門店のメリットとデメリット】

一方で専門店でコーティングを実施することにも多くのメリットがあります。
まず大きなメリットとして挙げられるのが様々なオーダーメイドの要望を出すことがしやすいことです。
せっかく購入した新車がよりきれいに映えるようなコーティングを実施してくれることに加えて、耐久性の高いコーティングや光沢度が非常に高いものを選択することもできます。
加えて、専門店独自のコーティングに関するノウハウから見えづらい場所の仕上がりなども非常に高いレベルのものを期待できます。

【まとめ】

新車のコーティングについてまとめると、ディーラーと専門店の方法がありますが、それぞれメリットがあります。
もっとも、それぞれのメリットはどちらについても捨てがたい魅力を持っていますが、デメリットの部分についてもしっかりと把握しておくことが重要です。
そのうえで自分に合ったお店がどちらかを決めて実施することで購入した新車がよりきれいになる方法を選ぶことができるでしょうし、新車で買った車に対してより愛着も湧いてくるのではないでしょうか。