自分でするガラスコーティングの施工法

Pocket

ガラスコーティングは車のボディにガラス質の薄い皮膜作って、洗車傷などからとそうめんを守ってくれます。ワックス、ポリマー系のコーティングより強固な皮膜作れて、最近個人でもdiyで施工可能な手軽なコーティング剤が複数売られていて、身近に感じられる方が多いです。

そしてガラスコーティング以外に車コーティング剤は星の数ほどあって、ディーラー、専門店などで施工されるものもとても多いです。またコーティング剤の種類施工業者の設備などにより仕上がりはとても差が出るとされています。

本来ガラスコーティングはそれなりの設備で要求される類のものであり、素人の施工でプロ並みに仕上げるのは無理があり、通販で販売されてるものはプロが使用するコーティング剤はガラス成分含有率が異なるものが多いです。

プロが使用するのは施工時の扱いむずかしくて、素人がdiyで施工したとき失敗するリスクがあり、大手コーティング剤のメーカー中物は良いが素人による施工は無理あるので、一般向けに販売してないものがあります。

そして、diyでのガラスコーティングはやめようといったことは嘘で、車ボディの状況に合わせてどこまですべきかといったテーマを考えていきましょう。ガラスコーティングは死んだ塗装生き返らせるのではなく、塗装死なないように保護していくのが一番の役目であり、すでに死んでる塗装面に施工してもつや感など復活効果ほぼないです。

新車でも工場で完成した状況から運搬、ディーラーでの保管などの間に油脂汚れなどがつかないわけではありません。そしてなるべく完成度あげたければ始めに強力な水垢落としで洗車して、粘土側の鉄粉クリーナーを使用したほうがいいでしょう。

そしてガラスコーティング剤は専用シャンプーも合わせ半倍されていたりして、専用品を使ってもいいかと思いますが、それで油脂成分はとにかく水垢どれぐらい落ちるかわからないです。

鉄粉除去は液状鉄粉クリーナーを使ってみるといいですが、粘土でないと落ちない鉄粉がありきになる方は両方で。そして、粘土状の鉄粉クリーナーの使い方ですが、ボディ濡れた状況でなめるようにボディを撫でて、新車はボディがはじめからつるつるしてるので分かりにくいですが、年数経過した車はざらつきなくなって気持ちいい感触になります。

液状タイプはスプレーガンなどで散布して時間おいてみればホイールの鉄粉取り同様鉄粉が紫色に溶けます。市販ガラスコーティングの塗布方はどの製品も同様、コーティング剤を付属スポンジで塗り込み完全に乾く前に付属クロスで吹き上げていきます。

ピカピカレイン系統などはそれでいったん終了で、完全硬化する数日後定期メンテナンス剤を塗布します。コーティングを拭き取るまえかわくとムラになってリカバリーがむずかくかわいききる前に拭き取るのが大事です。新車の問1日あれば鉄粉とりからの一連作業可能で、ミニバンのときはいろいろしんどいところがあります。

そして足場がなくてはルーフ部分の洗車も施工もできません。中古車はそのボディの状況により、手をかければかけるほど仕上がり綺麗になりますが、こだわりだせば時間いくらあっても足りません。蛍光灯など光反射させ磨き傷、うろこ状の水垢確認できなければ新車同様の手順でもいいですが、相当な頻度で手洗い洗車継続してかなくてはそれはあり得ないと考えられます。

白やシルバーなどの車はドンズバの角度で光反射させなくてはこれら傷は目視できなかったりして、考えかたによります。普段見えないウロコでも蛍光灯の光当たれば見る角度により白っぽく浮き出ます。綺麗に見えるようにしたい人は、水垢落とし、コンパウンドの下地処理が必要です。

そしてコンパウンドの研磨はとても労力がいり、ムラ出るなどリスクありますから、それがいやであれば信頼できる業者に依頼してみてください。素人がプロ並みに簡単にこうした作業できればコーティング業者の商売立ちいかなくなり、整備と同様案し名kン、完成度の高さ重視すればそれなりの技術料が必要なのです。

そして、それでも自分でしてみたい、汚い車自分できれいにする満足感が大事とおもってる方は、ぜひ自分で下地処理をしてみてください。そしてコンパウンドによる研磨前にうろこがウロコ落としなど

薬剤で溶かせるか同時かチェックしてください。まずスタンダードな強力水垢落としシャンプーで試しましょう。

これで落ちなければ酸性のカーシャンプーを使っていいですが、過去の数種の酸性のものをつかった限りでは効果的なものはなかったです。うろこの状況で薬剤で落とせるもの。そうではないものがあり、割と新たな車ならこれらシャンプーでどうにかなるケースがあります。

落とせないときは諦めてコンパウンドで研磨するしかありません。鉄粉が付いた状況で研磨しても鉄粉がボディに食い込み飛び出てるところを削ることになって、先に鉄粉落としやっておいたほうがいいです。

鉄粉除去は液状の鉄粉クリーナーを使ってみるといいですが、粘土でないと落ちない鉄粉があり気になる人は両方で。そして粘土状の鉄粉クリーナーの利用法はボディぬれた状況でなめるようになでていきます。

新車はボディが初めからつるっとしていてわかりにくいですが、年数立ったものならざらつきがなくなり気持ちいい感触に。そして、コンパウンドでの研磨はポリッシャーを使わなくても気合あればどうにかなりますが、狭い範囲なら1日でも可能ですが、ボディ全体なら何日もかかりますから、私は電動ポリッシャーを使用します。これは素人でも村になりにくいとされるダブルアクションポリッシャーを選びます。

通常のものは軸が自転するだけですがダブルアクションは本来の軸のセンター部の周りを軸自転しながら公転します。そして、コンパウンドはパッドと合わせて使用して、いろいろ個別にえらぶの面倒で、それぞれ大量に必要ないです。

コンパウンドの目とあわせてポリッシャーのバフの目も変え、同じところから販売されてるセットが便利でしょう。

また、多分普通に仕事しながらこうした作業をすればすべてのエリアの研磨に1か月ぐらいかかります。作業の手間考えれば1日で1エリアを鉄粉落として、研磨、脱脂、ガラスコーティングをしてこれを繰り返しすべてのエリアコーティングするほうが効率的です。

ですが、すべてのエリア研磨してすべてのエリアガラスコーティングといった手順でしたい人もいたりして、こうしたときガラスコーティングの施工当日サイド鉄粉落としをしたほうがいいです。コンパウンドの研磨うまくいけば新車みたいなかがやき得られたりします。

深い傷、退色進めば駄目ですがその後は他のポリマー系のコーティング剤、ワックスなどのノリもかなり改善して満足感かなり高いです。失敗して研磨しすぎたりむらになったりしなければ。そしてガラスコーティングは高圧洗浄機での洗車とも相性が良いです。

またピカピカレインは以前から知っていて、商品名が印象的で、ネットで検索してアクセスした方も多いはずです。サイトを見ればこの商品は多く種類ありますが、車用としては3種のうち選ぶのがメーカーのおすすめみたいです。

そして、3つの商品はプロに施工してもらえば10万円以上もする本物のガラスコーティングをピカピカレインは素人でもdiyできるといったもので、どれ選べばいいのかわからなかったりする人もいます。ピカピカレイン中樹脂性分含まない100%無機質ガラスコーティングがあり、目に見えないレベルでの傷がつきにくくて光沢感一番高いです。
ガラスコーティング剤の親水をを自分で行う