新車のコーティングは下地処理は不要

Pocket

あなたが新車手にしたばかりでコーティング考えるならとてもラッキーで。なぜなら購入したばかりの新車厄介な汚れ付着してなくて、コーチング時にしなくてはならない下地づくりの作業大幅ショートカットできます。

長い距離は知ったり屋外に放置する期間長くなるほど汚れ蓄積されて、下地作りの作業必要となります。新車のきれいな時期逃さないで美しいコーティング手に入れてください。

そして、汚れ蓄積した車にきれいなコーティング施工するには手順が必要となります。汚れ蓄積した車は頑固な汚れ引きはがすため高圧洗浄機が欲しいです。ですが、新車は汚れ自体少なくて、通常のホースでも構わず、高圧洗浄機はコーティング施工後相性抜群で使用できて、コーティング施工を機にそろえてしまうのもいいでしょう。また、新車は厄介な汚れついてるケースが低くて特殊なものでなく普段使用してるカーシャンプーでいいです。

わずかに付着した汚れ落とすため使います。そして最上位モデルのアルティメットピカピカレインを合ったときカーシャンプーも付属して新たに購入必要ありません。そして、カーシャンプーと一緒に使う洗車スポンジも普段使用してるのでいいです。ム-トンなど使用してれば、抜け毛が車体に残ればコーティングに影響が出てきて新品に交換してみる、スポンジタイプを使いましょう。

また、車体付着した水滴は乾燥すれば水分中溶けたカルシウムなど成分が析出されてイオンデポジットと呼ぶ汚れとなります。知識により水道水に含まれるカルシウムなど成分が多いことがあって、水道水汚れにつながることがあります。このため洗車後水滴いち早く除去することが大事です。そこでだ便利なのはマイクロファイバーセームであり、通常のタオルなどは水滴吸収しきれば、どれだけ強く絞っても再使用すれば水分が車体に逆流します。

ですがマイクロファイバーセームのすごいところは水分含む状況から軽く絞るだけで簡単に水分抜けすぐ水分吸収できます。そして車体への逆流なく快適に使用が可能です。また、車体にわずかに残る水分など拭き取るとき便利なものは拭き取り用クロスであり、タオルでも代用できますが繊維のこらないようにしましょう。タオルは素材により拭き取るとき表面繊維がはがれて車体に静電気張り付き汚れになって残るケースがあります。

細かい繊維でもコーティングには大敵であり、しっかりした拭き取りようクロスを用意しましょう。ピカピカレインかった時拭き取り用クロスも付属していて新たに購入必要がありません。そして繊維の心配ない高品質なもので、拭き取りようクロスはどちらかのピカピカレインかっても付属して安心できます。ですが、プレミアムでは1枚付属に対してアルティメットは10枚も付属します。

プロが開発したおすすめのガラスコーティング剤

そして、車高が低いと上乗れるバケツ用意して代用できます。ミニバンなど車高高い車はキャタツ用意しなくては中心部まで手が届かなくて無理にてをのばせば施工したところに手が触れてしまって台無しになるケースがあります。そして、手が荒れやすい方はビニール手袋つけてみて下さい。洗車、コーティングは運動量が多くて少なからず汗をかきます。

この時ビニール手袋がいま流行りの防水浸透性を持ってると外から水分適さないのに、内側から発生する汗の蒸発素通ししてくれるといった素晴らしい性能発揮してくれます。作業終わっても手がサラサラのままで荒れにくいです。手荒れしやすい方は1つ持っておいてください。

ピカピカレインは初期効果に12時間必要で、その期間で水分触れてはいけません。触れれば硬化失敗してコーティングのガラス皮膜できなかったりします。そして、道具すべてそろえば早速車体の洗車をします。

新車といってもわずかなほこりなど受けています。洗車でそれら落としきれてない綺麗な車体手にしてください。これが終わって、コーティングすればコーティング層の下に残る汚れ除去していく手段なくなり、可能な限り綺麗に洗車して目立つ汚れしっかりこの洗車で落としていきましょう。

使用するコーティング剤のピカピカレインプレミアムは施工後の初期硬化期間水分触れれば効果失敗して、このために車のこった水分は洗車御完璧除去しなくてはなりません。水道水はそのまま乾燥すれば溶けたカルシウムなど成分析出して汚れになります。

洗車したら、単に乾燥させるだけだと逆に汚れ作り出してしまいます。拭き取りようクロスなど利用し水分をしっかりとりましょう。アルティメットピカピカレインを買ったときのみ付属するアイテムを使用します。ピカピカレインプレミアムでは残念なことに付随しなくて、この工程はスキップします。

ピカピカが硬化するとき水分大敵なのですが、実際もう1つ大敵なのは油分です。人の手の平にたくさん存在して軽く触れるだけで車体に油分うつります。洗車してみればリセット可能ですが、コーティング施工し直前まで車体触れるケースがあり、そこでコーティング施工直前で脱脂作業をしてみることで残った脂分完璧除去します。そして、ピカピカレイン脱脂剤は最上位モデルのアルティメットピカピカレイン買うとセットでつきます。

脱脂剤はボディに吹き付けるのでなく名のピカクロスにふきつけ使用して、ボディに吹き付ければタイヤなど余計な箇所まで飛び知ってしまうからです。脱脂剤ナノピカクロスに吹き付けできれば車体の察し作業に移りますが、この時拭き取ったら手をついても大丈夫なようにゴム手袋付けてみてください。

脂分は目視でわかりづらくて施工か所すべて脱脂するつもりで丁寧に拭き取りましょう。そして、スポンジ施工面に瓶を逆さにして数滴付着させます。ピカピカレイン1本で大きめミニバン1台十分施工する量用意されますが、つけすぎれば最後足りなくなるケースがあります。薄く塗りつける程度でしっかり効果発揮できます。車体にスポンジ押し当て塗り付けていき、スポンジの使い始めだけは乾燥してるところが多くて、ひかっかるのですが、塗っていくうちスムーズに動きます。気になるときは始めだけピカピカレインをおおくつけてみてください。

そして、スポンジで大まか塗り付けできればピカクロスに持ち替えてピカピカレインが一様になるように吹きのばします。ナノピカクソルはピカピカレインをすべて拭き取らず、ボディの表面薄く残るよう拭き取ってくれて、このおかげでピカピカレインは凸凹ないきれいなガラス皮膜作り出せます。

ピカピカレインはガラス皮膜形成するとき、表面乾燥し外部からの水滴耐性もつまで12時間必要で、この期間絶対水滴を寄せ付けてはなりません。水滴付着すれば正しく効果せずガラス皮膜できなくなったりします。このために12時間は水滴から車体遠ざけておくことになります。そして夜間またぐとき夜露が付着するケースがあって屋根がある場所に車体移していきます。12時間経過してピカピカレインの初期効果完了して表面がガラス皮膜に変化して、この状況までくれば、水滴付着してもガラス皮膜に影響なくなって安心です。ですが、実際効果はまだ長い時間がかかります。

具体的には2週間もの時間が必要となります。2週間経過すれば完全硬化完了します。完全硬化終えたらピカピカレインのすばらしい性能で、驚異の水はじき実現してくれるでしょう。 水滴はじかれ盛り上がれば風をうけやすくて簡単に滑り落ちるようになります。