カーコーティングの防汚性効果

Pocket

カーコーティングの防汚性効果

深い光沢ある耐候性ある保護膜を形成するカーコーティングは、雨や紫外線などから塗装面を守ってくれるのが、ポリマーコーティングです。そしてガラスコーティングはポリマーコーティングより持続期間が長いことが利点です。光沢面や耐擦り性能などの項目に置いてもガラスコーティングの方が優れていることになります。ポリマーコーティングの持続期間は約3~12か月程度です。ガラスコーティングの持続期間は1年~5年と長期間効果が持続するコーティングも存在します。

 

カーコーティングの種類

ガラスコーティングは複数の種類あって、大きく分けてシリコン系撥水ガラスコーティング、フッ素系ガラスコーティングです。ホームセンターやカー用品店で市販されてる簡易施工できるタイプのコーティングはほとんどシリコン系です。フッ素系ガラスコーティングはシリコン系より割高であり、プロ用として売られてるのが多いのです。割高なのですが、耐久性はフッ素系のほうがあり、車のコーティングはガラスコーティング以外に油脂系コーティング、樹脂系などがあって、ワックスは油脂系コーティングとなります。樹脂系にはポリマーフッ素など一部含まれます。

 

カーコーティングは車ボディの変色などを抑える効果があり、塗装面保護してくれます。保護性能以外にも、洗車楽になったり、車売却時に高値がつくことで人気です。そして、いまではワックスがけ主流の時代からカーコーティング主流となります。

 

ワックスがけ

ワックスがけは時間と手間もかかります。車のサイズが大きくなるほど比例し時間も労力も増えていきます。時間、労力掛けたにかかわらず、ワックス効果はとても短いのです。そして、こうしたことで人気なのはカーコーティングで、これは大きく分けて2種類あります。そして、ガラスコーティングは酸化しづらくて今あるコーティング中で最もグレードが高いです。ボディカラーを自然で光沢ある発色生み出してくれるのが特徴です。ガラス被膜は酸化せず、持続期間は1年以上で、長期新車みたいなきれいな状況でいることが可能です。ですが、ガラスコーティングは施工に時間かかって数時間、あるいは数日車預けなくてはならないです。そして、ポリマー系カーコーティングより施工費用が高いです。