フロントガラスコーティングの施工方法を確かめる

Pocket

フロントガラスコーティングの施工

フロントガラスコーティングを施工する際のポイントは油膜が付着していない状態に整えてからコーティングを施工することが重要となります。
フロントガラスに油膜が付着している状態では、ガラスコーティングとガラスの密着性が軽減し、本来の効果を発揮することが難しくなります。フロントガラスの施工方法を正しく理解してコーティングを施工することが重要となります。

フロントガラスコーティングの下地処理

フロントガラスの下地処理はガラス研磨剤を使用してガラス面の油膜を取り除くことが重要です。IICで用意しているガラス用研磨剤はスポンジやマイクロファイバークロスに付着させ、ガラス面を手磨きで磨いていくことで油膜が簡単に取り除けます。ガラス面に付着する厄介なウロコ取りにも最適です。ガラス面には油膜「油膜」とウロコ「水シミやイオンデポジット」が付着するため、ガラス研磨剤で油膜とウロコを完全に取り除くことが重要なのです。

ガラスの脱脂作業

ガラス面の脱脂にはIICの弱アルカリ性シャンプーを使用して頂くと脱脂効果にも優れている商品です。ガラスコーティングの施工前に脱脂としてご使用下さい。ガラスコーティング前に脱脂を行っておくことでコーティング被膜とガラス面の密着性が向上するためおすすめです

フロントガラスコーティングの目的

車のコーティングは新車と同じような輝きになるため、フロントガラスを見やすくするなどこだわると良いものです。自分でやるメリットは何と言ってもかかる費用を減らせるためで、DIYと同様に手順を確かめて空いた時間にすると勉強になります。フロントガラスコーティングは車の中でも重要な位置づけで、撥水して水滴が邪魔しないようにすると効果的です。

フロントガラスコーティングは養生をして周囲の汚れが付かないように考え、脱脂をして脂分がそのまま残らないようにすることが大事です。自分でやる時は何かと面倒になることもありますが、手抜きをすると効果が出ないことを認識する必要があります。自分でやれるようフロントガラスコーティングの施工方法を確かめるポイントは汚れの落とし方やコーティング剤の選び方で、美しくして安心して運転しやすくすることです。車はビジネスやプライベートなど様々な目的で使え、少しでも愛着を持てるように維持すると満足できます。

フロントガラスコート剤と研磨剤のセット商品はこちら