窓ガラスコーティングの目的と効果

Pocket

雨天時には、フロントガラスに雨粒がぶつかり、ワイパーを動作させても前方が見えにくく、時には危険を感じたりするものです。
こうした雨天時に少しでも前方を見やすくし、運転を楽にする効果をもたらせてくれるのが撥水ガラスコーティングです。

窓ガラスコーティングの目的

雨粒をはじく効果が増大し、少しの雨ならワイパーを動作させなくても、車のスピードでフロントガラスの雨が飛ばされ、視野が確保される効果があります。これは運転する者にとって、非常に楽で、安全運転をサポートしてくれると言えます。DIYで簡易的にコーティングする事も可能です。DIYでのコーティングには、ワイパーの液に撥水効果がある液を加える方法や、ワイパーのゴムに液を塗布する事でコーティングする簡単なものから、手塗りでコーティングする方法まで色々な方法があり、ニーズに応じて選ぶ事が出来ます。
ただDIYでのコーティングには、欠点や完璧に塗布しきれない課題もあり、完全で長持ちできる撥水コーティングを望むなら、やはりプロにコーティングしてもらうのがベターでしょう。

窓ガラスコーティングの特徴

撥水ガラスコーティングには、大まかに分けて3種類の種類があります。どの種類も特徴としては雨水を粒上に弾いたり水をはじく効果が強い傾向の商品が多いです。では、種類について説明をします。
まず、一般的なものはシリコーンが配合されているガラスコーティング剤で主に珪素繊維で構成された液体を使用している製品です。特徴としてはシリコーンは油としても使用されており水を弾く性能があるのですがコーティングを施した際、車のボディに定着しにくい性質があり、アルカリ性を嫌う性質があり、アルカリ性の液体でボディを洗うとコーティングは落ちてしまいます。次にフッ素繊維入りのコーティング剤です。
フッ素はフライパンなどに使用されている摩擦軽減をする素材として使用されていてこちらも同様雨水を弾く効果があります。耐久性が高い上にあるか利益にも強いので長続きするコーティングですが問題としては価格が高い点がネックにある点です。
そして最後のコーティング剤はシリコーンとレジンを混ぜ合わせたものがありますがこちらのコーティング剤はメリットとしてはプラスチック繊維の強化版であるレジンの粉末がボディに付着することで傷を目立ちにくくする効果があるのですが問題はこちらも同様、アルカリ液に弱い上にボディに定着する力がものすごく弱いため、コーティングが長続きしないという特性があります。以上が大まかなガラスコーティング剤の種類の説明になります。
窓ガラスコーティングと研磨剤のセット商品の購入はこちら