カーコーティングを自分で施工するタイミングについて

Pocket

ガラスコーティングの種類

ガラスコーティング剤はシラン、シラザンと呼ぶ成分が含まれてるコーティング剤であり、これが空気中の水分と反応してシリカ成分となり、固いガラスの膜を作って車コーティングしてくれます。しかし固いガラス膜でコーティングしてくれるからこそ出メリットが生まれます。

硬化型のガラスコーティング一覧はこちら

ガラスコーティングの価格

ガラスコーティング剤は安いので最低1万円以上します。確かにうまく施工できれば効果すごいですから、価格には納得です。しかしせっかくdiyでするならもうちょっと安いもののほうが嬉しくなります。

もし失敗すればコーティング剤無駄になってしまいます。ガラスコーティング剤は施工がとてもむずかしいです。さらに施工失敗しコーティングムラできるものなら、ポリッシャーで磨きコーティングはがして再施工しなくてはなりません。ガラスコーティング剤のほとんどは2液性であり、1回だけむらなく塗るだけでも難しくdiyですとパーフェクトに塗るのは至難の技なのです。

DIYガラスコーティング

いままで10台以上ガラスコーティング剤でdiyコーティングしてきたといって猛者以外には施工経験値が足りないです。ドライ施工はボディにまったく水滴1つもない状況で施工していきます。ガラスコーティング剤は空気と反応して硬化して、効果の途中水分はいれば予想外の化学反応が起き硬化してくれなくなります。

溶剤にちょっとでも水分混ざって白く濁り、その時点で施工失敗になります。そして水分使わなくて、吹き上げタイミングわかりにくいです。セミウエット施工はボディに水分のってる状況で施工して水の乾き具合でも吹き上げタイミングを目で見て図れます。ですから、割と施工簡単です。

しかしドライ施工は吹き上げタイミングが目で見てわかりにくくて間違えると溶剤硬化しすぎたりします。すると仕上げ吹きの段階ですでにコーティングムラができます。

ガラスコーティング剤の施工はかなり繊細さが要求されますから、ほかに比べて求められる施工環境がシビアです。照明しっかりしてるガレージは施工できますが、それ以外正直施工厳しいです。

ガラスコーティング剤は硬化すればガラスになりますから、施工中塗りムラ見つけても途中から重ね塗りすれば、その部分だけむらになりやすいです。かなり段取りとテンポよく施工しなくては施工失敗します。ガラスコーティング剤は小さい失敗許されない、施工レベルとても高い溶剤であり、プロのコーチング、磨きや以外触らないほうがいいでしょう。

そして、ギガクリスタルの施工法ですが、下地処理で小さい傷除去をしていきす。シャンプー洗車と入念脱脂してからコーティング剤を一気にぬりこみますが、この時溶剤コーティングみたいに塗りこみすぐ吹き上げる動作不要です。

夏場30分、冬場1時間ぐらい乾燥させて、あとは水洗い洗車で余剰成分流していって、吹き上げるだけで完了します。そして、僕も実際施工して納得いく仕上げとなりました。以前施工した硬化型コーティングの上からそのまま施工していますが、しっかりした地処理して、ギガクリスタルを施工してみれば、さらに仕上がりよくなります。

ピカピカレインは施工法としてはしっかり下地処理して、洗車して水分完全に吹き上げた状況でやります。付属スポンジに少量つけて塗りのばすようにボディに塗布していき、その後すぐマイクロファイバークロスで吹き上げてください。この流れを1パネルごと繰り返します。施工後24時間以内に水分、汚れ付着すればコーティング効果薄れますから、注意しましょう。

そして、この商品のガラス皮膜は約10年持続するとメーカーページでいわれていますが、どうして3年間ノーワックスなのか。それは3年以上経過して、どうしてもイオンデポジット付着するらしいです。

これはうろこ状の反転のようなものです。そして3年耐久性を実際公的機関のテストクリアしてるのはこの商品のみで、とても安心して使用できます。そして、ピカピカレインはメンテンス剤あって施工後も定期的にメインテナンス剤で吹き上げてさらに渇水性、ツヤ維持可能です。

メンテナンス剤は洗車後そのままスプレーして吹き上げるだけで施工も楽でいいです。メンテナンス剤の名のピカピカレインも単体でも渇水効果あります。そして、ピカピカレイン施工時とにかく薄く塗るのが大事です。厚塗りでムラにならない限り重ね塗りでなんとかなり、塗りすぎなければ大丈夫です。

ピカピカレイン独自技術の加水性で抜群の水は時期、通夜手にしたい方にお勧めです。そして、ジェネシスコーティング剤はカーファクトリーアンサーから出てるもので、渇水性コーティング剤となります。

滑水ガラスコーティングの購入はこちら

ピカピカレインみたいな本格ガラスコーティングに比べてどうしても耐久性に関しては物足りないですが、ガラスコートの主成分のシリカを配合していてツヤ、渇水性に関して負けていません。

塗装面は時間経過と一緒に硬化して紫外線などのダメージにより艶がなくなります。車にコーティング施すとき自分で施工したりプロに施工まかせたりする方法lがあります。コーティング施すとき、きになるのはそのコーティング持続期間であり、これは使用するコーティング剤の種類、自分で施工するかプロにやってもらうかにより違います。コーティング剤の持続期間は3~6か月のもの、1年以上持続するのがあります。持続期間によりその費用に違い出ること抑えましょう。

コーティング剤を利用して塗装面に強い皮膜作れるメリットがあります。コーティングのコツでお勧めなのはホイール、ナンバープレートへの施工ですが、ボディ同様汚れにくくなりますから、一緒に施工してください。

コーティングした車でも洗車は必要で、ノーメンテナンスうたうコーティング剤もありますが、誤解しないようにしましょう。ノーメンテナンスとはワックスがけ不要の意味であって、洗車不要といったことだけではないです。コーティングした後車利用するうちコーティング負ける汚れは発生して、酸性、アルカリ性含む鳥の糞だったりします。

ワックスより簡単なスプレータイプのコーティング剤

洗車することで汚れのあとつかないようにしたり、コーティング長持ちさせられます。コーティング後も洗車売逸用といったことがわかっていただけるはず。

そして、プロにコーティングまかせる方はどういった方かですが、自分でする時間がない人、コーティング作業の場所ないひとたちです。

車コーティングするときガラスコーティングかどうか限らずまず洗車で車綺麗な状況にする必要が出てきて、簡単に水洗いして車全体汚れある程度落としましょう。水洗いだけでもかなりきれいになったように見えて、細かい汚れなど残ってる状況で薄から、次にカーシャンプーを利用して本格洗車をしていきましょう。

カーシャンプーを利用するときよく泡立てて泡でこするような感じで優しく洗車していきます。全体よく洗えば、改めて水で洗剤完全に習い流していきます。これで車付着してる汚れほぼ落とせます。次に鉄粉除去をしていき、車に鉄はじめとした金属の細かい粒子、砂付着しています。これら綺麗にするのに粘土など利用して鉄粉吸着させて綺麗にしていきます。

カーシャンプーの購入はこちら