Menu

カテゴリー

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

商品を検索する

IICについて

お支払い方法

クレジットカード払い

コンビニ決済

ネットバンク

銀行振込

郵便局・銀行のATMでお支払ください。
【振込先】
千葉銀行 本八幡南支店
普通口座 3180196
カ)カービューティーアイアイシー

代金引換

セールスドライバーへ現金もしくは電子マネーにてお支払いください。
代金引換手数料(税込):
1万円未満 324円
1万円以上~3万円未満 432円
3万円以上~10万円未満 648円
10万円以上~30万円未満 1080円

商品リスト

お得なセット商品

店長ブログ

イオンデポジットとウォータースポットが付着

イオンデポジットやウォータースポットが付着する原因

イオンデポジットは、車を洗車した時に付着したりします。それは、すぐに水が蒸発をして乾いてしまうのですが、その時に出来る輪っか状の固着物をイオンデポジットといいます。ボディーの汚れや洗車に浸かっていた水の水質が原因で、残留し固着したカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが付着してしまうことがあります。ウォータースポットも似たようなものですが、水などが乾燥して付いた痕ではなく、車の塗装上に起こりうるものなので、一見似ている感じに思えますが、根本的に違います。ウォータースポットが出来る原因としては、車のボディに付着した水滴によって塗装の表面が焼きついたことです。現在では、塗装の品質も向上しているので、ウォータースポットが出来てしまうことは少ないです。でも、ウォータースポットが出来ないからと言って、洗車を怠ると洗車をした時に出来てしまうこともあります。洗車をした後には水分をしっかりふき取るなどして、イオンデポジットの付着を予防することが出来ます。
※軽度なイオンデポジットを除去するなら雨染み除去シャンプーをご使用下さい。

濃色車にボディカラーに注意する

濃色車にボディカラーに注意する

ウォータースポットの除去法ですが、基本的に塗装面を削って除去していきます。ですが、素人判断でコンパウンドの目が粗いのを使用すればプロでもリカバリー不可になったりします。そしてブラックカラーなら磨き傷つけたりして今度そちらを気にするようになるのです。どうしても使ってみたければ研磨剤か微粒子のもの選んでみてください。そして、ウォータースポットつかないようにすることですが、完全には難しいですが、ちょっとの工夫で軽減するのはできます。仮にできてもすぐ除去ができます。


水分蒸発したときミネラル分が原因ですから、夏の昼など炎天下で洗車しないようにしましょう。そして黒系のカラーならすぐ熱をボディが持ってしまって水分が乾燥してきます。そして、強力な日光がイオンデポジットを強固に固着させることになります。ウォッシャー液は薬液が配合されてミネラル分と同じくシミになりやすいです。とびちった液とボディの残留物交じりすぐ落ちない汚れに進化するのです。

無機質イオンなどが原因

無機質イオンなどが原因

洗車後絶対に出てくるという方は洗車に使用する水関与すると考えて間違いなく、白い跡がたくさんついてるという方のほとんどは洗車場の水が井戸水だったり硬度高い工業用水だったりを使用してるときです。そして、ミネラル、ケイ素、カルシウムなど無機物イオンなど車のボディに残ってイオンデポジット、ウォータースポットの原因となります。日本の水道水の軟水はケイ素割と多く含まれていて、それらできやすい傾向で洗車後しっかり車体ふくのが大事です。


また、カーシャンプー、ウオッシャーもイオンデポジットの原因であり、車を洗うためのものが原因になるとは皮肉ですが、こうしたものは化学物質が多量に含まれて紫外線など影響受けやすい粘性ある分固着もしやすいです。そして、ワックス、コーティングは撥水性ありますが、油脂系の柔らかなものであれば、簡単に流れていきます。油膜劣化する前洗車するなどこまめな手入れが必要で、それが面倒ならガラスコーティングしてみてください。

イオンデポジットで塗装面にクレーター

イオンデポジットで塗装面にクレーター

イオンデポジットできてすぐなら専用クリーナーで落とせます。1回で落とそうとしても落ちないこともあって根気強くクリーナーで薄くなるのチェックして磨いてきます。研磨するよりボディに対し優しくイオンデポジット落とすことができ、いきなり研磨しないでまず専用クリーナーでふきます。そしてウォータースポットも同じような対処になりますが、イオンデポジットの時間が経過して硬化したのは、塗装面を侵食してることもあり、その時へこんだ塗装面を平らにするためポリッシャーなど使って研磨してください。


洗車時に油分、汚れ落とした後に除去剤を使ってください。除去剤を洗い流し吹き上げた時イオンデポジット目立たないほどきれいに落ちた時は研磨する必要ありません。ですがまだ残ってるようなら研磨して洗車しふき上げる工程を重ねてみてください。そして、巷ではトイレ用洗剤のサンポール使用してみればイオンデポジットを除去できる意見もあります。ですが、これは塩酸が成分ですので、樹脂パーツやメッキパーツが劣化したりします。

レンズの働きで跡ができる

レンズの働きで跡ができる

車のボディに発生する水でできた跡みたいな汚れの正体はイオンデポジットなどに分けられていますが、水垢は排気ガスなどの油分や洗車時の洗剤など、雨により流れて蜘蛛の巣状になったもの。そして、イオンデポジットは水の中に含まれてるミネラルなど不純物がボディに付着して白いリング状になったものです。ウォータースポットですが、ボディについた雨粒など水滴がレンズの働きをして日光の熱集めてボディの塗装面が焼けてしまったりします。これらの汚れは発生原因が異なり、落とし方も異なります。


また、待機中に含まれてる排気ガス、洗車時に吹き残したワックス、洗車で落とせない汚れなど雨により流されて発生して、ドアミラー、フロントフェンダーなど雨水が縦に流れるところに多く発生します。黒、灰色の汚れで明るいカラーの車なら目立ってきます。そして汚れの主成分が油で、洗車用シャンプーなどを使ってみればきれいに落とせたりします。

ウォータースポットできる原因

シミは水に含まれてるカルシウム、マグネシウムなどミネラル分が水が蒸発した後塗装面に残って固着した物。そして、車のボディにできる雨などの後のひとつにウォータースポットと呼ばれるのがあって、反転みたいな白いシミ跡が付着します。これは一見した限り白いシミのようなものでもよく見れば方面がわずかにへこんだりするなど、塗装表面で凸凹してる状況となります。そして侵攻進んだウォータースポットは単に戦車などボディ洗っただけだと落としたり消したりするのができなく鳴くことがあります。そのためウォータースポット確認できれば、できるだけ早い対応必要になります。


ウォータースポットできる原因は直射日光で塗装面侵食されること原因で発生します。また洗車したあと、雨が降れば、車のボディに水滴のこったりしますが、これをそのまま放置して虫眼鏡など同じ原理で水滴レンズの役目果たして、日光集めてしまうことにより塗装面に負荷を与えるわけです。

イオンデポジット除去剤の購入はこちら


イオンデポジット除去剤 使用方法

おすすめの洗車用品