青空駐車には親水ガラスコーティングでイオンデポジットを防止|親水ガラスコーティングについて

Pocket

親水ガラスコーティングとは

ガラスコーティングは水と結合しやすくて、親水性ですが、ガラスコーティングしてあれば水洗い洗車だけでいいといった論理はこれを根拠としてます。ですが、この親水性能発揮するのはボディ表面が極力凸凹内コーティング業界の言葉でいう鏡面の状態でなくてはならないです。普段車使って排気ガスに含まれた鉄の粉、雨水、水道水を浴びてる環境だと鏡面の状況を保てなくて、親水性の効果長く発揮できないのが今のコーティングの現状です。そして駐車環境が屋外なら、紫外線のダメージが影響します。また、親水系は水をはじかなくてべたッと水がボディに広がってくる感じです。接触角度60度ぐらいで撥水に比べてボディに水接してる面が多いです。ボディー全体に水広がって、表面に付着した汚れが雨と一緒に流れていく性質があります。そして、親水性のメリットですが、水がボディ表面に広がりイオンデポジットの可能性が低くなり、雨降った時流水と一緒に汚れ流れる効果を期待可能です。効果を知れば便利につかえます。

親水ガラスコーティングの効果

車をガラスコーティングすると特別な効果を得ることができます。例えば親水ガラスコーティングをして雨の汚れを防ぐことも可能です。またガラスコーティングには複数の種類があるので判断が重要になります。ガラスコーティングの種類によって水滴も変化します。
親水ガラスコーティングは雨と交わるような効果を持っています。これは車の表面に水滴ができないことを示しています。親水ガラスコーティングをするとより快適なドライブができます。雨の日でもそれを気にしないで動けることは大事です。
親水ガラスコーティングの効果には水の膜を作るという要素があります。これは特殊な効果で水滴に対して意味があります。具体的に親水ガラスコーティングをした車の表面には大きな水滴ができないのです。
またこのガラスコーティングでは車のボディを綺麗に見せる効果があります。その光沢は作られたものではない感じになります。つまりより自然な輝きを表現できるのが親水ガラスコーティングです。

親水ガラスコーティングの効果

セルフクリーニング効果

親水は水になじみやすいガラスコーティング剤であり、水はじくというよりもボディに表面張力働かないよう作用していて、水は水滴にならなくて薄い膜みたいになって一体化して流れてきます。親水性コーティング剤はウォータースポットなど呼ばれてるシミ跡ができにくいメリットがあって雨降ったら、ボディに水滴の後ついたりしますが、これは水分に含まれてる汚れなど付着したもの。水滴ついたら、水が蒸発するとこうした成分が残ります。直ぐ福と取れますが、時間置けばボディの塗装膜壊して車表面に傷などを作って、塗りなおし必要となります。親水性はイオンデポジットできにくくて汚れ一緒に落ちてきて手入れしやすいのがメリットです。また疎水性とごっちゃになって使用されてるのが親水性ですが、これは水となじみやすいといった意味があって、カーコーティング業界では、疎水性よりさらに水がべたっとうつくくっつく状況なのです。実際の効果は疎水性も親水性コーティングも一緒です。効果をもっとよく知りましょう。

油性系汚れに強い

親水性は水はじかないコーティング特性であり、親水性高いコーティング施した自動車は車体についた水分が水玉にならないでそのまま薄く広がりボディを流れ落ちるのです。親水性小オ―ティングは撥水性のものより光沢弱くて、水玉レンズ効果によるウォータースポットできにくく屋根がない屋外駐車場に止めてる車に便利です。そして水切れがよく洗車後拭き取りも不要なことが多いです。また帯状に水がはける親水性ですが、水滴が粒で残りにくく手入れしやすくて初心者向けとなります。何もコーティングしてない状況の車も水はじきが親水ですが、これと違って水滞留しないです。そして親水性のデメリットとしては派手さがなくて、一見してコーティングしてないように見えてきます。また、ガラスコーティングは今までのワックス系と違って撥水性がなくて、油性の油付着したりしません。親水性が高くて、車のボディに水なじみます。この性質で雨などの時簡単に効果的に汚れ落とせるのです。

ガラスコーティング

親水タイプは汚れが付きにくい

自浄作用を目的にしたタイプが親水性ガラスコーティングですが、撥水性と反対の特徴を持っていて、水になじみやすくて、撥水性みたいに水を水滴上にしないで、膜状に広がらせる効果を持っています。あえてこうして車体の塗装に付着した汚れ膜状になった水が落として流れていきます。この性質は油汚れに強くて、汚れ心配ならピッタリでしょう。そして光沢、傷の防止効果はやや老けて、車体のつや出したり傷対策したければ別な施工が必要となります。そして、ある程度流水量がなくてはこうした自浄効果しっかり発揮できないです。雨が多い地域などに使えば、より高い効果実感できるはずです。また撥水性、親水性はどちらのコーティングがいいのかといった質問がありますが。どちらにも長所と短所がありますので、最終判断は持ち主の好みなのです。また、それぞれ特徴を見れば、地域や季節で変わる雨の量、どれほど汚れつきやすい環境下をもとに考えればいいでしょう。効果的に活用しましょう。

親水ガラスコーティング剤

親水タイプのガラスコーティング剤の購入はこちらからどうぞ!

昔までのガラスコーティング

今まではコーティングというと撥水性が主流でしたが、いまお客の多くが撥水性を選びます。そして最近親水コートをもめる方が増加していますが、多くは雨シミの問題解決のためです。ガラスコーティングで切り離せない問題がこれなのですが、親水求める方は親水性は水滴の凝らず雨シミできないと思ってるみたいです。そして、親水コートも流水量によりシミがつくことになります。塗装みたいな有機物質に親水コートしたら台風などの雨量でない限りは水が塗膜面になじみませんが、ガラスみたいな無機質に親水コートして見れば少量の雨量でも水なじみします。そして、親水小オートを望んでる方のどれだけの方がこのことを知ってるでしょう?ほとんど知らないと思います。単に親水コートなら水滴のこらず、雨しみできないと思ってるだけのお客は不満に感じられるはず。クレームにもなりかねず、こうした説明はあらかじめお客にしてればどうでしょうか?効果について慎重になりましょう。

撥水コーティングのデメリット

親水のガラスコーティングは、水を膜状にする効果があります。水を弾く訳ではありません。
この親水のコーティング剤は、よく撥水のタイプと比較されています。撥水といえば、洋服に対するスプレーがあるでしょう。外出すると雨が降ってくる可能性もありますし、洋服にスプレーをしておき、水を弾く状態にしておく訳です。実際スプレーしておけば、かなり雨水に濡れづらくなります。
親水のガラスコーティングは、そのような撥水の効果はありません。水を弾くというよりは、むしろ水で覆うような状態になります。主に車の塗装部分に使われるコーティング剤で、水滴ができづらくなるのです。
車の表面に水滴ができてしまうと、イオンデポジットやウォータースポットなどの状態になってしまいます。車の見た目も悪くなってしまうのですが、親水のガラスコーティングなら、それを防ぐ事もできます。水は膜状になって、水滴にはなりませんから、塗装表面に気になるシミができてしまうのを防ぐ効果があります。

ウォータースポットを防いでくれる効果

親水性のガラスコーティングには、ウォータースポットに関する効果があります。車の表面部分には、たまに水が乾燥した後のシミのようなものができてしまう事もあるでしょう。ガラスコーティング剤は、そのシミができてしまうのを防ぐ効果があります。
なぜ車にウォータースポットができるかと言うと、水滴が付着してしまうからです。車の表面に真水が当たった時などは、玉のような水ができてしまう事はあります。それが乾燥しますと、水の中に入っている物が車の表面に残ってしまう事もあるのです。あまり見た目が良くありませんから、何とかウォータースポットを防ぎたいと望んでいるドライバーも多いです。
その点親水のガラスコーティングは、車の表面に水滴ができてしまうのを防ぐ効果があります。水滴と言うより、さらさらと水の膜が車の表面から流れていくようなイメージです。もちろん水が流れてくれれば、ウォータースポットもできづらくなります。ですから車の表面にシミなどを作りたくない時には、親水のコーティング剤がおすすめです。
イオンデポジットが簡単に取れる溶剤の記事はこちらをご覧ください

イオンデポジット除去剤の購入はこちら

イオンデポジット除去剤

ガラスコーティング施工後のメンテナンス

どんなに良いコーティングを施工しても、コーティング被膜には汚れが蓄積されていきます。ガラスコーティングを綺麗な状態で長く維持するためには、①汚れが蓄積されない状態をキープする②汚れが蓄積されたらクリーニングすることです。
この2つのポイントを押さえておけば長期間、ボディの輝きを維持することが出来るのです。ガラスコーティング施工後のメンテナンス記事はこちらをご覧ください

出来るだけマメにお手入れをして頂くことがボディの状態を綺麗に維持するポイントとなりますので普段のメンテナンスに気をつけてください。