雨染みや水垢が付着する6つの原因

Pocket

雨染みや水垢が付着する6つの原因

1-1 雨が降った後マメに洗車していない

雨染みが付着する原因

雨は基本的に弱酸性となります。その酸性雨が塗装面に付着して乾いてしまうことで塗装面にシミが固着してしまうのです。

・酸性雨が乾くことで酸性物質が塗装面に残留しシミになる

酸性雨だけならまだしも、塗装面には花粉、黄砂、排気ガスなどの化学物質が付着しています。また、花粉や黄砂はアルカリ性の為、雨染みになる可能性が非常に高いのです。

・花粉や黄砂はアルカリ性物質のため塗装面に浸透する力が強い


このように酸性雨や花粉などのアルカリ物質の汚れを塗装面に放置し続けると塗装面にシミが固着してしまい簡単には取れなくなってしまいます。マメな洗車をすることで雨染みの固着を防ぎ綺麗な状態をキープすることが出来るようになるのです。

1-2 井戸水で洗車を行っている

井戸水洗車

井戸水には鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が豊富なため、井戸水が乾くと白く結晶化されます。この結晶化したものが塗装面にこびりつき、簡単には寄れない雨染みとなってしまうのです。

・井戸水はミネラル分が豊富なため、必ずシミになる

井戸水での洗車は絶対に避けるべきです! 井戸水が乾く前に拭き上げてもパネル間の溝やドアミラーなどの隙間から水滴が垂れてきて乾いてシミになります。

井戸水が付着したボディに溶剤で取り除こうと思ってもとり切れないケースも多く存在します。できるだけ水道水で洗うようにしましょう!


・洗車の際は必ず水道水で洗う
・井戸水は一度付着すると取り除くのが困難

1-3 外置き駐車で車の色が濃色車なのに撥水コーティングを施工している

レンズ効果による雨染み

撥水による水玉

水滴が乾いた雨染み

ウォータースポット

 

撥水コーティングは上記の画像のように水玉になります。この水玉に直射日光が当たるとレンズ効果の役割を果たし、塗装に焼き付いて雨染みが固着します。

雨が降って乾くを繰り返すことで塗装面が陥没してウォータースポットになってしまい研磨作業で磨かない限り取れない雨染みになってしまいます。

・撥水コーティングは水玉がレンズ効果の役割を果たし雨染みが固着する
・雨のたびに水滴が乾くことで塗装を陥没させる

後程、ウォータースポットについて詳しく解説していきます。

1-4 コーティング施工後にメンテナンスを行っていない

ーティング施工後のメンテナンス

コーティングをしたから水洗いだけで大丈夫!そう思っていませんか?コーティング施工後水洗いだけのお手入れそれは間違いです!ウソです!

コーティング施工後に雨に濡れないお車ならメンテナンスをする必要はありません。しかし、雨に濡れるお車は定期的にメンテナンスをしなければならないのです。

何故ならば
①コーティング被膜に花粉や排気ガスなどの汚れが付着する
②大気中の汚れ(花粉や排気ガス)が雨に混ざり塗装面に付着する
③付着した汚れが炎天下で高温に熱せられ焼き付く
④上記の①~③を繰り返すことでコーティング被膜に汚れが固着する

こんな説明されたことないですか?
・コーティング施工後水洗いだけでOK
・〇年間ノーメンテナンス!

これは物理的に不可能です。いくら良いコーティングを施工しても塗装面には汚れが付着します。

コーティングメンテナンスとは、洗車では取れない汚れをメンテナンス剤を使用して取り除いてあげる作業です。 この作業を行うことで、コーティング被膜を常に綺麗な状態に保ちコーティング被膜の寿命を延ばすことになるのです。

コーティングメンテナンスとは
・洗車では取れない汚れを除去する
・コーティング被膜を常に綺麗な状態へ保ち寿命を延ばす

1-5 炎天下で洗車を行っている

夏場の炎天下で車を放置すると塗装面は下記の温度となります。

淡色車(白やシルバー) 40℃~50℃
濃色車(黒やグレー、青、赤) 70℃~80℃
目玉焼きに最適な温度 70℃前後

炎天下で洗車をすると塗装面に付着した水道水が瞬時に乾きシミになります。 水道水にはカルキやカルシウムが含まれていいるためシミになるのです。

水道水が乾くと
・水分が蒸発する際にカルキやカルシウムだけが塗装面に残留しシミになる

洗車を行う際には日陰で行うなどして塗装面が高温にならない状態で洗車することが理想です。

1-6 洗車時の水分をしっかり拭き上げていない

洗車をするとドアミラーなどから水が垂れてきます。この垂れてきた水滴を放置していると水道水に含まれるカルキやカルシウムが結晶化し塗装面に固着します。

これを繰り返すことでシミが塗装面に侵食してしまい洗車では取れなくなってしますのです。