自分で出来るコーティングメンテナンス方法をプロが解説

Pocket

コーティングメンテナンス車のガラスコーティングをした後はコーティングメンテナンスが必要不可欠です。どんなに良いガラスコーティングを施工してもコーティング被膜の上に汚れが付着してしまいます。また、紫外線や酸性雨によりコーティング被膜に少なからずダメージを与えるので定期的にメンテナンスを行う必要があります。

 

今回の記事ではガラスコーティング施工後のメンテナンス方法と最適なメンテナンス頻度をご紹介していきます。

 

コーティングメンテナンスの役割

上記画像のようにコーティング被膜に汚れた固着したり、紫外線や酸性雨でダメージが加わります。

コーティングメンテナンスは固着した汚れを分解し、コーティング被膜に加わったダメージを補修する役割を果たします。コーティングメンテナンスはコーティング被膜の上部を綺麗にするだけではなく、コーティングの寿命を延ばすことも可能となります。

 

最適なコーティングメンテナンスの頻度

コーティングメンテナンスの頻度

ガラスコーティングを施工した後には適度にコーティングメンテナンスをする必要があります。メンテナンスの頻度は駐車環境やボディカラーによって異なります。

 

青空駐車の車は屋内駐車に比べ汚れや紫外線、酸性雨によるダメージが激しくなります。上記の画像を参考に適度にメンテナンスを行うことでコーティングの寿命を延ばすので手入れを怠らずマメにメンテナンスをしてあげましょう!

 

ガラスコーティングメンテナンス方法

 

①洗車を行う

コーティングメンテナンスって?

まずは塗装面に付着した埃や泥などの汚れをしっかりと洗い流すため洗車を行います。

②メンテナンスクリーナーの塗布

専用スポンジにメンテナンスクリーナーを適量塗布していきます。

 

②メンテナンスクリーナーを塗装面に塗布

 

力を入れず優しく塗装面に塗り込んでいきます。縦横均等に塗り込みましょう。

②すすぎ作業


濡れたマイクロファイバークロスもしくは水道水を掛けながらメンテナンスクリーナーの余剰成分を除去していきます。

余剰成分が残っているとシミになる可能性があるためしっかりと洗い流します。

拭き上げ作業

水分の引き上げ
塗装面に付着している水分をしっかりと拭き上げていきます。

拭き上げが甘いと塗装面に水道水のカルキなどのシミが付着してしまうためしっかりと拭き上げるようにしましょう!

メンテナンスクリーナーの使用方法

今回ご紹介したメンテナンス剤はSCHILD®メンテナンスクリーナーとなります。
SCHILD®コーティング剤以外のメンテナンス剤としてもご使用いただける優れた製品です。

コーティング施工後のメンテナンスにご使用下さい。

 

コーティングメンテナンス剤

メンテナンスクリーナーの購入はこちらから

上記がガラスコーティングのメンテナンス方法でした。
しかし、メンテナンス剤を使用しても取れないシミが付着することもあります。そのようなシミにはイオンデポジット除去剤を使用して頂くことをおすすめします。

 

頑固なシミ汚れを取り除く方法

メンテナンスクリーナーでも取り除けないシミはイオンデポジット除去剤を使用すると取り除くことが可能です。
塗装面を歪ませるようなウォータースポットは取り除くことができないケースがありますが、表面に付着しているイオンデポジットなら取り除くことが可能です。

イオンデポジット除去剤の注意点

窓ガラスやメッキパーツに付着させると変色する可能性がありますのでボディ以外は使用しないでください。

上記の動画の様にイオンデポジット除去剤は塗装面に塗布して拭き上げるだけで簡単にシミ汚れが取り除ける優れた製品です。

イオンデポジット除去剤の購入はこちらからどうぞ!