フロントガラスのコーティング剤|自分でフロントガラスにコーティング

Pocket

フロントガラスのコーティング剤は色んなタイプの商品が存在します。自分でフロントガラスにコーティングを使用と思っても効果が長続きしなかったり、効果が無かったりと苦い経験をした方も少なくないと思います。この記事ではフロントガラスのコーティング剤や施工について書かせていただきます。

フロントガラスコーティングの成分

もちろんガラスコーティングを施工する際には水垢等なく綺麗な状態が前提です。
ウィンドウコート剤が沢山ある中で気づいたことは、成分の違いです。成分の違いやコーティング剤の濃度が耐久性や効果に違いが出るのだと気づきました。

同じ成分でもメーカーによって割合が違うのもありますが、ずっと使用し続けているのは、フッ素系のガラス用撥水剤です。フッ素はアルコールが入っていることから、効き目が長いというのはもちろんのことながら、施工時の拭き取りがとても楽です。

フロントガラスコーティングの効果

車を使っていれば自然環境の変化にも遭遇します。そして困るのが雨でフロントガラスが濡れることです。こういった問題は頻繁に起こるので撥水ガラスコーティングがオススメです。

撥水ガラスコーティングにははっきりとした効果があって、周囲の雨を弾くので意味があります。こういうコーティングをすれば車を安全に走らせることができます。実際に撥水ガラスコーティングは便利なので利用している人が多いです。その背景には雨を弾く効果の価値が高いことも関係しています。

車を運転すれば必ず雨に濡れて困ります。そして雨の量が多くなれば視界が狭くなります。それで事故の可能性が上がるので危険なのです。撥水ガラスコーティングはそういう事故防止の効果もあるので人気があります。
撥水ガラスコーティングをするためには市販の商品やプロの技術に頼れます。ここには違いがあるので効果を調べることが重要です。しかし共通しているのはフロントガラスが濡れるのを防げる部分です。

フロントガラスコーティングの下地処理

撥水コーティング剤を塗布する前の下処理甘ければコ―ティング剤が長持ちしないです。油膜ついてるガラスの上にコーティング剤塗布してみてもすぐ落ちます。下処理で必ず汚れなど落としてコーティングをしましょう。

撥水材の種類により耐久性が違って、種類はフッ素系、シリコン系の2種類あります。耐久性性はフッ素系が優れ、撥水性はシリコン系が優れています。こうして性能が異なるのです。またフッ素系は耐久性あるが、撥水性能弱くて、シリコン系は撥水性能優れ舞うが、耐久期間が短い特長を持っています。一般にシリコン系耐久性は1~2か月といわれていて、こまめな施工できれば撥水力あるシリコン系が便利です。

また、フッ素系撥水コーティングの耐久性は6か月とされていて、年1~2回程度施工で済むことになります。また説明書記載されてる放置時間より短い、施工後すぐ雨濡れてしまえば耐久性が落ちることになります。フッ素系コーティング剤はしっかり放置しましょう。ガラスコーティングは使い分けが大事です。

フロントガラスコーティング剤と下地処理セット商品の購入はこちら

シリコン系、フッ素系のいいとこどりした2層コートの撥水コ―ティングもあり、下地は硬化するフッ素系コーティング。その上に雨滴はじく力の強いシリコン系油膜塗布する感じ。この2層コートをしたうえでコーティング剤落ちにくい専用ワイパーを利用してみれば、最大2年も効果持続してくれます。そして、撥水は一般コーティング剤塗布して、雨滴はじいて、おのずと経年劣化して降下徐々に落ちてきます。一般に数か月程度ですが、2層コート+専用ワイパーを使用して2年間持続性あるものもあるのです。そして、撥水コーティングで気になることはワイパーによるコーティング劣化であり、これは物理的にフロントガラス表面のコーティング剤をこすり当然コーティング剤の劣化原因となるのです。撥水コートしてるときなるべくワイパー使用しないで運転したいですが、はげしいい大雨などはどうしてもワイパーが必要なこともあります。そして、撥水コートは市販でも多くのものが売られてます。

フロントガラスコーティングの購入はこちら