Menu

カテゴリー

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

商品を検索する

IICについて

お支払い方法

クレジットカード払い

コンビニ決済

ネットバンク

銀行振込

郵便局・銀行のATMでお支払ください。
【振込先】
千葉銀行 本八幡南支店
普通口座 3180196
カ)カービューティーアイアイシー

代金引換

セールスドライバーへ現金もしくは電子マネーにてお支払いください。
代金引換手数料(税込):
1万円未満 324円
1万円以上~3万円未満 432円
3万円以上~10万円未満 648円
10万円以上~30万円未満 1080円

商品リスト

お得なセット商品

店長ブログ

ガラスコーティングのやり方

ガラスコーティングのやり方について

ガラスコーティングのやり方について

ガラスコーティング剤を購入してから自分でやる場合で注意することは、やり方ひとつでコーティングの効果や耐久性が異なります。ガラスコーティングを自分で施工する前に、正しいやり方を理解して施工することが効果を高め、ガラスコーティングで失敗しないためのポイントです。今回はガラスコーティングやカーコーティングのやり方を詳しくお伝えさせていただきます。コーティングを塗る前の下地処理や洗車も性能を高めるために重要な項目となります。


ガラスコーティング剤を施工する前の注意点

1,油膜汚れ

ガラスコーティング剤を塗装面に塗布する前に、塗装面の下地作りがとても重要となります。車の塗装面には鉄粉や油膜、イオンデポジットやウォータースポットなどの汚れが付着している可能性があります。これらの汚れの上からコーティングを施工してしまうとコーティング剤の性能を最大限引き出すことが難しくなります。油膜とは油汚れとなりますので、ガラスコーティング塗装面の密着性を低下させる原因にもつながり、コーティング被膜を形成する上で悪影響を及ぼします。IICでは油膜除去剤も大好評販売中ですので、油膜除去剤で塗装面の下地処理を行うことでより効果を高めることが可能となります。油膜除去には弱アルカリシャンプーがおすすめです。

2,スケール除去

スケールとは酸性雨による水シミや水道水のシミ「カルキや塩素」が原因で塗装面に付着します。イオンデポジットやウォータースポットも酸性雨や水道水が原因で付着します。イオンデポジやウォータースポットなどのスケールが塗装面に付着した状態でコーティングを載せても定着しますが、密着性が低下する点と、コーティング被膜の下にシミが残った状態となりますので美観はあまりよくありません。IICではイオンデポジット除去剤を販売しておりますのでコーティング施工前にイオンデポジット除去剤を行うことがおすすめです。

イオンデポジット除去剤の詳しい内容はこちらをどうぞ

3,鉄粉除去

鉄粉とは、ブレーキダストなどが塗装面に付着した状態で放置し続けることで塗装面に固着し、洗車では取れなります。洗車後の塗装面を触ったときにザラザラする場合は鉄粉が付着している証拠です。鉄粉が付着している状態でコーティングを塗布しても問題ありませんが、肌のざらざら感は残ってしまうのでせっかくコーティングをするのであれば鉄粉除去は必須作業となります。しかし、鉄粉除去を誤ったやり方で行ってしまうと塗装面に細かい傷「スクラッチ傷」が付着してしまうので注意が必要です。鉄粉除去剤はこちら購入できます。

下地処理5点セット

ガラスコーティングを塗布する前に

ガラスコーティングの塗り込み方

下地処理が完成したらコーティングを塗布していきますが、コーティングを塗布する前に注意して頂きたいことがあります。ガラスコーティングは水気を嫌います。その為、洗車後すぐにコーティングを塗布してしまうと効果が半減してしまうため、完全に塗装面が乾いた状態で施工することが重要です。洗車後は1時間ほど塗装面を乾かすと最適なボディ状態に仕上がります。夏場などの気温が高い状態でしたら15分程でも大丈夫です。冬場の寒い時期には1時間以上乾燥させてからコーティングを塗布するようにしましょう!


ガラスコーティングの塗り込み方

ガラスコーティングの塗り込み方

ガラスコーティングを塗り込む際には縦、横で均等に塗装面に塗り込んでいきましょう! 均等な被膜を形成することで更に効果が高まり、強固な被膜を形成します。夏場は気温が高いため、コーティングがすぐに固まってしまうことがありますので小さい面積で早く仕上げていきましょう!冬場は乾燥するのに時間がかかるため、1パネル塗り込んだらふき取るようにします。万が一ムラが出来てしまった場合はもう一度コーティング剤を塗布してふき取ることでムラが消える場合が御座います。


ガラスコーティングの2度塗りについて

ガラスコーティングの2度塗りについて

ガラスコーティングを塗布した後に、1週間~3週間程、乾燥させてからコーティングを塗布すると更に効果が高まります。1週間以内に塗り込んでしまうと、1層目のコーティング被膜が乾いていない状態で塗布することになるため2層目が形成されにくくなります。1層目が乾いた後に2層目を塗布することにより多重層の被膜を形成することが可能です。 もちろん3度塗りも効果的です。

以上のガラスコーティングのやり方をしっかり理解した上でガラスコーティングを施工することでコーティング被膜の効果を最大限に引き上げることが可能です。

当店おすすめガラスコーティング剤

人気ランキング1位
撥水ガラスコーティング剤

人気ランキング2位
親水ガラスコーティング剤

人気ランキング3位
窓ガラスコーティング剤