Menu

カテゴリー

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

商品を検索する

IICについて

お支払い方法

クレジットカード払い

コンビニ決済

ネットバンク

銀行振込

郵便局・銀行のATMでお支払ください。
【振込先】
千葉銀行 本八幡南支店
普通口座 3180196
カ)カービューティーアイアイシー

代金引換

セールスドライバーへ現金もしくは電子マネーにてお支払いください。
代金引換手数料(税込):
1万円未満 324円
1万円以上~3万円未満 432円
3万円以上~10万円未満 648円
10万円以上~30万円未満 1080円

商品リスト

お得なセット商品

店長ブログ

撥水タイプ コーティング

グレアのガラスコーティング剤撥水タイプは本物のガラス被膜を形成する次世代ガラスコーティング剤です。プロショップがプロデュースした本格DIYガラスコーティング剤です。施工後は塗装面にガラス被膜が密着するため、紫外線や酸性雨から塗装の劣化を防止します。被膜硬度も7Hと硬い被膜を形成するため耐スクラッチ性能にも優れたガラスコーティング剤です。


プロショップ監修のガラスコーティング剤

品質重視のハイクォリティ商品

品質重視のハイクォリティ商品

IICはコーティングプロショップとして年間1000台以上のガラスコーティング施工を行っております。IICでは数多くのガラスコーティング剤の中から高性能な商品をご用意しております。
当社でご用意するガラスコーティング剤は硬化型のコーティング剤です。プロショップが認めた次世代ガラスコーティング剤をお楽しみください。
被膜硬度7Hのガラス被膜は塗装面に固着し防汚性効果および耐スクラッチ性能において優れた効果を発揮します。


商品購入はこちら

こんな状況でお困りでないですか?

水弾きが無い 艶・光沢が無い 水垢・汚れが付きやすいコーティングの塗り込み

原因はボディ(塗装面)の状態

ほとんどの塗装はクリア塗装が施されております。クリア塗装を保護するためにガラスコーティングを施すのですが、コーティング未施工車は紫外線による劣化や摩擦などによってクリア塗装が劣化していきます。クリア塗装が劣化すると光沢が低下したり、塗装面の剥離や汚れが塗装内部に浸透してしまいます。

グレアガラスコーティングは、塗装面の上にコーティング被膜を形成しますので汚れの浸透を防ぐだけでなく、艶・光沢を向上させることが可能です。被膜硬度7Hのガラス被膜が摩擦や摩耗を減らし塗装面の光沢を長期間持続させることが可能となります。撥水被膜により油性系汚れの付着を軽減し普段のお手入れを楽にさせます。

ガラスコーティングが選ばれる理由

1,本物のガラスコーティング

グレアのガラスコーティング剤撥水タイプは従来のガラスコーティングとは異なり厚いコーティング被膜を形成します。ガラスコーティング剤の成分はSiO2のシリカ被膜を形成します。耐熱温度700℃の被膜は従来のポリマーコーティングやワックスとは異なり熱による劣化を未然に防ぎます。


2,圧倒的な光沢

一般的なポリマーやワックスは熱に弱いため炎天下駐車するとワックス成分が溶けてしまいます。シリカ被膜のグレアガラスコーティング剤は炎天下でコーティング被膜が剥がれることはありません。そのため光沢が長期間持続するのです。


3,撥水性コーティング

従来の撥水コーティングとは異なり耐雨染み性能にも優れた商品です。撥水性コーティングは雨染みになりやすいと言われておりますが、グレアの撥水コーティング剤であれば洗車の頻度が少なくても綺麗な状態を保てます。


4,施工費が1/10

市販品のコーティング剤はコーティング剤の濃度が薄いため耐久性に乏しい商品が多いのが事実です。IICのガラスコーティング剤は一般の方でも施工がしやすいように改良されておりますが、市販品に比べコーティング剤の濃度は極めて高く強固なガラス被膜を形成します。コーティングプロショップに頼むと10万円前後する施工費が自分で施工すれば1万円で施工することが可能となります。


プロショップがプロデュースの次世代ガラスコーティング

3年間持続のコーティング被膜

グレアのガラスコーティング剤は3年間持続するコーティング被膜を形成します。施工後は定期的に洗車をするだけで綺麗な状態を持続し塗装を美しく保ちます。

日々のお手入れ楽々

コーティング施工後のお手入れは水洗いもしくはシャンプー洗車でのお手入れで綺麗な状態を長期間保ちます。撥水リキッドの使用でコーティング被膜を常にベストな状態に保ち耐久性を引き上げることが可能となります。

驚異の光沢

ガラス被膜が塗装面を驚異的な光沢を実現します。潤いある塗装面を実現し長期間光沢を保持し続けます。

商品購入はこちら

コーティング施工による水弾きビフォーアフター

施工前

施工前

施工後

施工後


撥水ガラスコーティング施工後の水弾き

簡単! 3ステップ施工方法

1,洗車

1,洗車

2,塗り込み

2,塗り込み

3,拭き取り

3,拭き取り


洗車セット

1,洗車

洗車を行い塗装面に付着した汚れを除去していきます。塗装面をフラットにすることでコーティング被膜の密着性が向上します。

IICの洗車アイテム、カーシャンプー弱アルカリ性ウレタンスポンジでの洗車がおすすめ。弱アルカリ性は油分などの分解力に優れているため脱脂効果も抜群です。

コーティング剤は水気を嫌うため、洗車後は水分を完全に取り除き塗装面を乾燥させます。

塗り込み

2,塗り込み

付属の塗りこみ用スポンジにコーティング剤を3滴程付着させ、パネル毎に塗り込んで下さい。
※コーティングを塗布したまま長時間放置するとムラになりますので素早く拭き取って下さい。

本製品は25mlで車1台を十分に塗布することが可能です。(プリウスサイズ)余ったコーティング剤はホイールや樹脂パーツにも塗布出来ます。

高級マイクロファイバークロス

3,拭き取り

コーティング剤を塗布したら、高級マイクロファイバークロスで丁寧に拭き上げます。

IICの高級マイクロファイバークロスは塗装面に優しく拭き取りやすいためおすすめです。

高級マイクロファイバークロス5枚セットのご購入はこちらのページです。


塗り込みと拭き取りの動画紹介

コーティング塗布の注意点

商品購入はこちら

店長のアドバイス

店長のアドバイス

コーティングに最適な天気

塗り込みに最適な天気は?

コーティング剤を塗布する適切な温度は15℃~25℃となります。晴れ日もしくは曇りの日が理想ですが直射日光は避けましょう。コーティング剤の乾燥が早まり固まってしまう可能性があります。

直射日光にあたることで車体が高温となりムラになるリスクとなりますのでご注意下さい。洗車場等でコーティングを塗布するときは曇りの日が最適です。


車の汚れの種類

車の汚れも様々です!

ガラスコーティングの効果を高めるには下地処理が最も重要です。塗装面にはカルキやミネラル分などの物質や黄砂、花粉等の汚れも付着します。塗装面の洗車を行う際には弱アルカリ性洗剤で塗装面を脱脂することで密着性も向上します。
また、ブレーキダストなどの鉄粉が付着している場合は鉄粉除去剤にて塗装面の下地処理を行うことが理想です。

コーティング被膜の定着を低下させる原因はシミ汚れです。イオンデポジット除去剤を使用することで、ガラスコーティングの定着を向上させることが可能となります。


2,塗り込み

硬化までの目安

初期硬化は24時間となります。その間は水気に触れないように保管して下さい。

屋外駐車の方は翌日の天気も加味してコーティングを施工することが重要です。


 撥水リキッド

施工後のお手入れ方法

適度に洗車をして下さい。洗車機でも問題ありません。

撥水効果が弱くなったらシルトの撥水リキッドを使用して頂くと効果が長持ちします。マニアなお客様にはトップコートとしてシルトの撥水リキッドを使用して頂くことで圧倒的な効果を実現させます。


小さなビンが本物の証

小さなビンが本物の証

施工可能パーツ

塗装面、プラスティックパール、ホイール、テールランプ、ナンバープレートへの施工が可能です。

施工不可パーツ

ガラス、メッキパーツへの施工が不可です。

成分 使用上の注意

ガラスコーティング剤25ml 撥水タイプ

おすすめ商品

通常価格:¥ 9,720 税込

¥ 7,980 税込

加算ポイント:80pt

商品コード:

関連カテゴリ

  1. ガラスコーティング剤
数量

グレアのガラスコーティング剤撥水タイプは硬化型撥水ガラスコーティング剤となります。コーティングを塗布後は撥水被膜を形成し油性系の汚れの付着を防止します。ポリマーコーティングやワックスとは異なり高耐久のガラスコーティング剤です。コーティング被膜は3年間持続するためメンテナンスが楽になります。ガラスコーティング施工マニュアル付きです。DIYで撥水ガラスコーティングを施工するならこれ1本で十分です。本格DIYガラスコーティング剤を是非お楽しみください。