Menu

カテゴリー

0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

商品を検索する

IICについて

お支払い方法

クレジットカード払い

コンビニ決済

ネットバンク

銀行振込

郵便局・銀行のATMでお支払ください。
【振込先】
千葉銀行 本八幡南支店
普通口座 3180196
カ)カービューティーアイアイシー

代金引換

セールスドライバーへ現金もしくは電子マネーにてお支払いください。
代金引換手数料(税込):
1万円未満 324円
1万円以上~3万円未満 432円
3万円以上~10万円未満 648円
10万円以上~30万円未満 1080円

商品リスト

お得なセット商品

店長ブログ

ガラスコーティング剤の選び方と効果を比較検証

ガラスコーティング剤は種類によって効果が異なる

ガラスコーティング剤は種類によって特徴や効果が異なります。自分でガラスコーティング剤を施工する前に効果や種類や特徴を理解しておくことが重要です。せっかくコーティングをしたのにすぐに剥がれてしまった。効果が無くなってしまった。と後悔する前にガラスコーティング剤の選び方と基本的な効果についてご説明させていただきます。

ガラスコーティング剤の効果

ガラスコーティング剤の効果

ガラスコーティング剤の目的は自動車の塗装面の光沢維持を目的に開発されました。ガラスコーティング剤は種類によって効果が異なります。コーティング剤の効果はいくつかありますが、一つ目が水弾きです。水弾きには撥水タイプのと親水タイプのコーティング剤が存在します。他にも疎水タイプや滑水タイプのコーティング剤などがありますが、ここでは2つを紹介します。
撥水ガラスコーティング剤を施工すると、塗装面に水滴が触れた際に、水がコロコロ弾くタイプが撥水タイプと言われております。一方、親水タイプのガラスコーティングは水滴が塗装面に馴染む性質を持つコーティング剤が存在します。求める効果や駐車環境、ボディカラー、洗車の頻度によって最適なガラスコーティングが異なりますので、その点を理解する必要があります。

水弾きによる撥水区分の定義は下記の図をご覧ください。

水弾きのイラスト

※水滴と塗装面の接触角度によって当店では定義づけを行っております。

水弾きによる効果

ガラスコーティング剤撥水タイプ

ガラスコーティング剤撥水タイプ

撥水効果のガラスコーティング剤は雨が降ることで、水玉がコロコロ弾きます。そのため、汚れ落ちが良く、洗車が楽になります。又、雨天走行時や洗車時にガラスコーティングがかかっているな!という満足感が得られやすいのが撥水タイプの特徴です。撥水効果のガラスコーティングは、ワックス施工直後のような水弾きをイメージして頂ければと思います。

利点は、光沢に優れている製品が多く、洗車時の汚れ落ちも良くなります。しかし、塗装面に付着した水玉がレンズ効果の役割を果たし、塗装面にイオンデポジットやウォータースポットなどの雨染みが付着しやすいといわれております。

イオンデポジットが付着した場合はイオンデポジット除去剤のご使用をおすすめ致します。

イオンデポジット除去剤使用方法の動画

特に、濃色車や青空駐車の車両はイオンデポジット(水シミ)が付着しやすくなります。撥水効果のガラスコーティング剤をおすすめする方は屋内駐車のオーナー様や洗車をマメにする方、単色車にお乗りの方に是非、おすすめです。濃色車のボディや青空駐車の方はイオンデポジットなどのシミ汚れが付着しやすくなりますが、洗車をマメにされる方でしたら撥水コーティングを施工しても、特に問題はありません。

撥水効果のガラスコーティング剤はこちらの商品がおすすめです。

手軽に撥水コーティングをしたい方はスプレータイプの撥水コーティング剤をおすすめ致します。

ガラスコーティング剤親水タイプ

ガラスコーティング剤親水タイプ

親水効果が得られるガラスコーティング剤は水滴が塗装面に馴染むため、レンズ効果が比較的起こりづらくなりますので、シミや水垢の付着が起きづらくなります。そして、セルフクリーニング「自浄性能」効果にも優れているため、まとまった雨が降ることで、汚れが一緒に流れ落ちてくれる嬉しい効果も期待できます。濃色車の車にお乗りのオーナー玉や屋外駐車、出来るだけ洗車したくないオーナー様に一押しの商品です。デメリットとしては、撥水タイプのコーティングに比べ、水弾きが鈍いためコーティングがかかっている満足感が得られずらい点です。

親水効果のガラスコーティング剤はこちらからどうぞ!手軽に親水コーティング剤を施工するならスプレータイプの親水コーティング剤がおすすめです。

お車のカラーや駐車環境、駐車頻度に応じて最適なガラスコーティング剤を選ぶことをおすすめ致します。高価なコーティング剤を施工して後悔しないように注意が必要です。

ガラスコーティング剤の種類に応じた効果

ガラスコーティング剤の種類に応じた効果

車のコーティングには様々な種類が存在します。大きく分けると①ワックス②ポリマーコート③ガラス系コーティング④ガラスコーティングとなります。

ガラスコーティング剤は種類によって効果効能が大きく異なります。最も耐久性や効果が高い商品はガラスコーティングとなります。ガラスコーティングを施工後はお手入れも楽になり、長期間、新車のような輝きを持続させるので多くのコーティング剤を比較検討することが重要です。


・ワックス

ワックスの利点はだれでも簡単に施工できる点です。しかし、固形ワックス等を使用することにより、細部の隙間に汚れがこびりつき取れなくなってしまいます。また、油分が多いため、雨染みや紫外線による影響で塗装面が劣化することも少なくありません。

・ポリマーコーティング

ポリマーコーティングは硬化型の被膜ではないため、塗装面に厚い被膜を形成しません。熱にも弱い商品のため、耐久性や持続年数が少ないというデメリットもあります。

・ガラスコーティング

ガラスコーティングは塗装面に硬い被膜を形成するため光沢や防汚性機能に優れております。DIYでガラスコーティングを施工する際には硬化型のガラスコーティングがおすすめです。ポリマーコーティングやワックスよりもはるかにコーティングの寿命が持続します。耐久性はもちろん効果効能にも優れているため、自分でコーティングを施工するならガラスコーティングがおすすめとなります。

硬化型ガラスコーティング剤の詳しい内容はこちらからどうぞ。

ガラスコーティングは紫外線や熱による劣化を軽減し、塗装面を強固に守ります。

IICガラスコーティングの効果

撥水ガラスコーティング剤

超撥水性被膜を形成するガラスコーティング剤は塗装面を強固に守ります。熱や紫外線から塗装面の守り、耐スクラッチ性能にも優れた商品です。自分で出来るように開発されたガラスコーティング剤は塗りやすく、シミやムラになりづらい商品です。自分で簡単に出来るガラスコーティング剤ですが、効果はプロショップが使用するコーティング剤と同等商品の為、量販店やディーラーさんでコーティングを施工するなら、一度自分で試してみる価値があります。


親水ガラスコーティング剤

超親水ガラスコーティング被膜を形成するガラスコーティング被膜は塗装面の防汚性能に優れた商品です。超親水性被膜が塗装面に付着する水シミを防ぎ、イオンデポジットやウォータースポットの付着を軽減します。また、紫外線や熱に強いガラスコーティング被膜は塗装面を強固に守ります。新車の状態を長期間持続させます。雨が降ると汚れも流れ落ちやすいため、メンテナンスの時間も軽減することが可能となります。


いくら良いコーティングを施工しても、普段のメンテナンスしだいでコーティングの寿命に大きく影響します。コーティング施工後はメンテナンス剤を使用して頂くことで、よりきれいな状態を持続させることが可能となります。

IICおすすめコーティング専用メンテナンスクリーナーの購入はこちらからどうぞ。

ガラスコーティングの水弾きの効果

撥水タイプ

親水タイプ

ガラスコーティングとは塗装を守るための犠牲被膜

ガラスコーティングとは塗装を守るための犠牲被膜

塗装面にはクリア塗装が形成されております。クリア塗装とは大体30μ前後と言われております。ガラスコーティングの被膜はわずか1μほどの被膜となりますのでクリア塗装に比べると30分の1の厚さとなります。 クリア塗装はコーティングを施工していないと熱や紫外線で剥離したり、色あせや小傷、シミなどの汚れが付着してしまい塗装を劣化させます。ガラスコーティングはクリア塗装を守る犠牲被膜と認識して下さい。


犠牲被膜のメンテナンス

犠牲被膜のメンテナンス

いくら良いコーティング被膜を形成してもメンテナンスフリーではコーティング被膜は徐々に劣化していきます。ガラスコーティング施工後はコーティング専用メンテナンス剤などを使用してコーティング被膜を常に綺麗な状態にしておくことで犠牲被膜の劣化を防ぎます。適度な洗車とコーティングメンテナンスがお車を綺麗に保つための秘訣となります。


メンテナンスクリーナー
ガラスコーティングの上塗り

ガラスコーティングの上塗り

ガラスコーティングは上塗りするほど効果効能が高まります。IICガラスコーティング剤も上塗りすることが可能な商品となりますので、施工後は1時間ほど乾燥させ、2度目の施工を行うことによって効果を引き上げることが可能となります。


ガラスコーティング剤をお探しの方へ

ガラスコーティング剤をお探しの方へ

ガラスコーティング剤は種類によって効果効能が異なります。正しいコーティング選びと正しい施工やメンテナンスが快適なカーライフのポイントとなります。IICではプロショップが使用するガラスコーティング剤をご提供しておりますので、是非一度、ガラスコーティング剤をお試し下さい。

DIYコーティングメンテナンスについてはこちらをご覧ください。